お顔のシミやくすみ…それはターンオーバーの乱れが原因かも!

歳とともに、お顔がくすんだりシミが増えた&濃くなってきた、はたまたキズが治りにくくなったということはありませんか?
女子はスグに気がつきますよね。
お顔のシミやくすみ…それはターンオーバーの乱れが原因かも!
それは、年齢を重ねるにつれ新陳代謝が低下してくるために、ターンオーバーが低下していることが一つに挙げられます。
ターンオーバーとは、肌が新陳代謝で生まれ変わること。
皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」から成り、皮膚の深い所から徐々に表面に上がり、やがて垢となって剥がれ落ちます。
この一連の代謝は、体の場所によっても違います。
垢は、おおよそ28〜56日で角質となり、頬では約10日前後で剥がれて行きます。この周期は年齢によっても差がありますが、個人差ももちろんあります。
新陳代謝が活発でない場合は、やや時間がかかると予想しても良いでしょう。
キズが治りにくくなるのは、加齢により新陳代謝が低下する事が原因に挙げられます。
シミが増えた、くすみ肌になったなどに気づいたら、それはターンオーバーの機能が低下しているサイン。
日々のケアを見直してみましょう。
このターンオーバー、低下しているだけでなく、早過ぎてもお肌のトラブルに繋がります。
お顔の洗顔を念入りにやりすぎると、逆に角質を取り過ぎることでお肌が破綻し、ゴワついたお肌になってしまいます。
角質は、取り除くのもニキビを防止するには良いとされていますが、お肌を外的なストレスから守ってくれています。
正常な状態を保つためには睡眠を十分に取る、規則正しい生活、バランスの良い食事、ストレスを溜めないようにする事が大切です。
また、保湿や保護を丁寧に行うことも正常化に導きます。
お肌を労わりターンオーバーの乱れを防止しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です