3人に1人が登録!新卒オファー型就活サイト【OfferBox】

就職・転職

今回は、新卒就活サイト「OfferBox」をご紹介します。

就活サイトはたくさんありますが、より効率的に就活を進めるために、また、自分の希望する企業に出会うために、複数のサービスを利用するのがおすすめです♪

いくつか使ってみて、自分に合うものを選んでいくと良いと思います*^^*

OfferBoxの特徴

OfferBox は、企業が興味を持った学生にオファーする、オファー型(スカウト型)の就活サイトです。

就活生の3人に1人が登録しており、大手企業・ベンチャー企業・官公庁(経産省)など、8,400社以上の企業が利用しています。

学生は、OfferBox に自分のプロフィールを登録します。
そして、企業が学生のプロフィールを検索し、自社に合った学生にオファーを送る仕組みです。

学生のオファー受信率 93.6%
プロフィール入力率を80%以上にすると、90%以上の人にオファーが届いています。
しっかりプロフィールを登録さえすれば、誰でもチャンスを得ることができます。

自分らしさを表現できる
プロフィールは文章だけでなく動画や研究スライド、写真を使って自分を表現することができます。

適性診断AnalyzeU+を無料で受けられる
25項目の診断結果で自分を分析でき、診断結果のアドバイスをもとに、自己PRをさらに磨くことができます。

企業が学生に送るオファー数に制限がある
従来のオファー型サイトにありがちな一斉配信の仕組みが OfferBox にはないため、企業はしっかり学生のプロフィールを見て、オファーを送ります。
オファーを受けることで自分が企業にどう評価されるのかが分かり、自信にも繋がります。

就活の視野が一気に広がる  
志望業界の企業からもオファーがくるため、新たな発見を得ることができます。

利用者のお声

OfferBox 利用者のエピソードをご紹介します。

登録初日にオファーをいただいて、「こんなに大きな企業に興味を持ってもらえたのか」と嬉しくなりました。それ以降も連日のようにオファーをいただいて、「こんなに来るものなのか」と驚きましたね。OfferBoxでは、どの企業もオファーの理由を書いてくれていたので、それを参考にプロフィールを修正していました。選考でも、その企業が興味を持ってくれたポイントをアピールするようにしていましたね。

自己分析するのに役に立ちそうだと思い利用しました。専攻とは関係ない業界からオファーが来て「私でもこういう職種につけるんだ」 と気づかされることがなんどもありました。あとは特別な選考に参加できるところです。少人数の説明会であったり、選考免除であったり、社員の方とのコミュニケーションを取る機会をもうけていただいたりと、ありがたかったです。

正直、自分の大学レベルでオファーが届くのか不安でした。先輩からも2〜3月にはオファーがたくさん来るから枠を空けておいた方が良いと言われたことも本当なのか疑っていましたが、本当でした。人事の方とすぐに会えて、少人数で話ができることが良かったですね。また、ナビサイトと違って、人事の方が自分に興味を持ってくれている状態で話ができることも良かったです。

まずは登録!

OfferBox では、「自分らしさ」を企業に見てもらうことができます。

誰でも気軽に登録できるので、ぜひ一度チェックしてみてくださいね*^^*

登録はこちらから行えます♪
OfferBox(公式サイト)

コメント

タイトルとURLをコピーしました